🌐時事更新内容(動画は公式HP): 2023年10月(2023/10/5掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加

🌐時事更新内容(動画は公式HP): 2023年10月(2023/10/5掲載)
●http://takahama-chan.sakura.ne.jp/custom6.html

(クリックで拡大)

2023年9月の世界と日本

 

▽

(🤡のHP活動や世界・日本)9月のまとめPDF(10/5掲載)

2023-9月の記録-2023年10月5日(PDF)

 

■
■
①韓国(Korea)

[Arirang Special] [Weekly Focus] Kim, Putin discuss satellite cooperation, Ukraine war and other…

▼
【🤡(浜田隆政)コメント】

世界は二極化するか、それとも🤝となるか。
豪雨となり土砂崩れか、それとも「雨降って地固まる」か、と私(🤡)が約2年前に指摘した通りに…。
今、岐路に…
。

▼
【YouTubeコメント】

[Weekly Focus]

Kim, Putin discuss satellite cooperation, Ukraine war and other military matters at Russian rocket launch site

푸틴 “북한 인공위성 개발 도울 것” 김정은 “제국주의 맞서 함께 싸울 것”

The leaders of the two isolates states renewed their dedication and commitment to have each other’s back. That is Pyongyang’s full support for Moscow and Russian space technology for North Korea.

Let’s talk more about their bonding time with our foreign affairs correspondent Bae Eun-ji. Welcome, Eun-ji.

Thanks for having me.

So Eun-ji, their meeting lasted for about five hours.

What topped their talks? Well Dami, sitting next to Putin, Kim said in his opening remarks that Russia is fighting a “sacred war.

” He vowed full support, stressing that his regime would fight together in the battle against “imperialism.”

“We have constantly expressed our full and unconditional support for all the decisions taken by the president and the Russian leadership, and I want to assure you that we will always be together with Russia in the fight against imperialism.”

The two leaders held talks for several hours with their ministers before holding a separate one-on-one meeting.

This was followed by a lavish lunch, where Kim said they held an elaborate discussion about the “military and political situation” on the Korean Peninsula and in Europe.

There, he reassured Putin that Russia would win against what Kim called “evil.”

“The Russian army and people will certainly secure a great victory in the sacred struggle for the punishment of a great evil that claims hegemony and feeds an expansionist illusion.”

As for Russia, Putin did not disclose specific details on military cooperation but signaled his willingness to assist Pyongyang with their satellite program.

When asked by Russian media whether Russia would help North Korea launch its own satellites and rockets, Putin responded by saying “that’s exactly why we’re here.

He added that Kim showed great interest in rocket engineering. This comes as North Korea twice failed to launch spy satellites in the past four months.

Right and this is the first time they’ve met in more than four years how was their meeting different from the one in 2019? The war in Ukraine has turned the tables, and things have definitely changed since their last summit.

The meeting in April 2019 took place just two months after the nuclear summit between Kim and former U.S. President Donald Trump ended in failure, without an agreement.

North Korea was desperately looking for a diplomatic lifeline, as it had been under UN sanctions for its nuclear and ballistic missile programs since 2006.

But now, it is Putin reaching out to Kim for help, as Russia is completely isolated on the global stage, and in need of help for more weapons.

Putin, who’s usually late to meetings with other foreign leaders, arrived at the Vostochny Cosmodrome early, and waited for Kim for about 30 minutes. As Kim arrived at the remote space launch site in Russia’s Far East, they were seen exchanging smiles and shaking hands.

Right.. like you just said, their meeting took place at a spaceport in Russia’s Far East.

Before they sat down for talks, the two leaders were seen touring the space center.

Why does it matter that Kim and Putin met at this specific location, what can we tell from this? Well, located not far from the Russian border with China, the Vostochny Cosmodrome is Russia’s most advanced space rocket launch site.

And it’s a symbol of Russia’s ambitions as a space power. Kim, who arrived by armored train from Pyongyang, was seen asking detailed questions about rockets as Putin showed him around the building where Russia’s new space booster, the Angara, is assembled.

The space launch facility came into service in 2016 when Russia launched its Soyuz-2 rocket.

Last month, the country launched another rocket carrying the Luna-25 moon spacecraft, which failed and crashed into the moon.

The fact that they chose this place for the summit suggests that North Korea and Russia will enhance military cooperation.

Putin will likely offer satellite launch technology to Kim, in exchange for North Korean weapons and ammunitions.

This has been sparking concerns by officials in South Korea and the U.S. –regarding Russia’s resupplying of weapons for the war in Ukraine and the development of North Korea’s missile capabilities…

 

#Russia #NorthKorea #KimJongun #VladimirPutin #Summit #북한 #러시아 #김정은 #블라디미르푸틴 #북러회담 #Arirang_News #아리랑뉴스

📣 Facebook : https://www.facebook.com/arirangtvnews

📣 Twitter : https://twitter.com/arirangtvnews

📣 Homepage : https://v2.arirang.com/ 2023-09-16, 12:00 (KST)

 

▼
▼
②アメリカ【USA】

【🤡(浜田隆政)コメント】世界だけではなく、アメリカ国内でも二極化が進行するか、それとも🤝となるか。

▼
【YouTubeコメント】

56,062 回視聴 2023/10/04
アメリカ議会で野党・共和党の下院議長の解任動議が共和党の保守強硬派議員らの造反により可決され、史上初めて議長が解任されました。

「アメリカ下院議長の席が空席となることをここに宣言します」

アメリカ議会下院は3日、野党・共和党のマッカーシー議長の解任動議を可決。

市民
「すべてが初めてのことです。政治は荒れ狂った時期を迎えています」
「驚きませんよ、予算のことで怒っていたのは知っていますから」

史上初となる議長解任を招いたのは野党・共和党の「内紛」です。

マッカーシー氏は、政府機関の閉鎖を避けるため、与党・民主党と「つなぎ予算案」をまとめ成立させましたが、これに反発した共和党の保守強硬派の議員が解任動議を提出。

採決では、民主党に加え、共和党の議員8人が賛成に回りました。

マッカーシー氏
「政治は互いに歩み寄るものです。私は与野党で協調して解決策を見出そうとしたことを後悔していません」

共和党の保守強硬派は20人ほどに過ぎませんが、与野党の議席数が拮抗するなかで影響力を持ち、ウクライナ支援の縮小などを主張し議会全体を振り回しています。

このため、つなぎ予算にウクライナ支援は盛り込まれず、10月からの本予算も成立の見通しが立っていません。

ホワイトハウス(声明)
「アメリカが直面する喫緊の課題は待ってはくれません。バイデン大統領は早期の下院議長の選出を望んでいます」

議会の機能不全が続けば、国際的にも大きな影響が出ることになります。

▼TBS NEWS DIG 公式サイト https://newsdig.tbs.co.jp/

▼チャンネル登録をお願いします!

/ @tbsnewsdig

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/tbs-ins…

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/toukou….

 

▼
▼
③【中南米(South America)】
UN allows deployment of troops to Haiti

▽
【🤡(浜田隆政)コメント】Haiti(ハイチ)の状況に注目を。

2021年7月7日、ジョブネル・モイーズ大統領が自宅で正体不明の奇襲部隊に暗殺された(ジョブネル・モイーズ暗殺事件)。全権を掌握したジョゼフ暫定首相が同日、声明で明らかにした。2022年現在、首都ポルトープランスでは市内の6割がギャングの支配下に置かれており、レイプや殺人など暴力によって住民を支配している。治安の悪化のために、犯人が処罰されることはほとんどなく、病院は機能していない(Wikipedia)

▼
【YouTubeコメント】

The United Nations Security Council has approved the deployment of a multinational military force to combat ongoing gang violence in Haiti.

NBC’s Valerie Castro explains which countries will be participating and if the U.S. will offer support.

» Subscribe to NBC News: http://nbcnews.to/SubscribeToNBC » Watch more NBC video: http://bit.ly/MoreNBCNews NBC News Digital is a collection of innovative and powerful news brands that deliver compelling, diverse and engaging news stories. NBC News Digital features NBCNews.com, MSNBC.com, TODAY.com, Nightly News, Meet the Press, Dateline, and the existing apps and digital extensions of these respective properties. We deliver the best in breaking news, live video coverage, original journalism and segments from your favorite NBC News Shows. Connect with NBC News Online!

NBC News App: https://smart.link/5d0cd9df61b80 Breaking News Alerts: https://link.nbcnews.com/join/5cj/bre… Visit NBCNews.Com: http://nbcnews.to/ReadNBC Find NBC News on Facebook: http://nbcnews.to/LikeNBC Follow NBC News on Twitter: http://nbcnews.to/FollowNBC Get more of NBC News delivered to your inbox: nbcnews.com/newsletters #UnitedNations #Haiti #GangViolence

 

.
▼
▼
④【アフリカ(Africa)関連

▼
【🤡(浜田隆政)コメント】

Africaと言えば、日本のNewsからはほとんど省かれている。欧米どころか、Chinaと比べても大変情報が少ない。

私が世界の情報から調べた範囲では、Africaは今、干ばつなど地球温暖化の影響を激しく受けていると同時に、政治面ではクーデターが頻発している。
今回は、Libya(リビア)の洪水問題を取り上げた

▼
【YouTubeコメント】

The city of Derna in eastern Libya was home to nearly 100,000 people when Mediterranean Storm Daniel struck, causing catastrophic flooding. As CBS News’ Holly Williams reports, one Libyan official says more than 5,000 people were killed. The Red Cross previously said 10,000 were missing.

 

#news #libya #flooding Each weekday morning, “CBS Mornings” co-hosts Gayle King, Tony Dokoupil and Nate Burleson bring you the latest breaking news, smart conversation and in-depth feature reporting.

“CBS Mornings” airs weekdays at 7 a.m. on CBS and stream it at 8 a.m. ET on the CBS News app. Subscribe to “CBS Mornings” on YouTube:    / cbsmornings   Watch CBS News: http://cbsn.ws/1PlLpZ7c Download the CBS News app: http://cbsn.ws/1Xb1WC8 Follow “CBS Mornings” on Instagram: https://bit.ly/3A13OqA Like “CBS Mornings” on Facebook: https://bit.ly/3tpOx00

Follow “CBS Mornings” on Twitter: https://bit.ly/38QQp8B Subscribe to our newsletter: http://cbsn.ws/1RqHw7T​ Try Paramount+ free: https://bit.ly/2OiW1kZ For video licensing inquiries, contact: licensing@veritone.com

 

▼
▼
⑤【国連:UN】

▼
【🤡(浜田隆政)コメント】

(前回と同じComment)国連と言えば、世界の政府という発想を幼児は持っているが、現実は飾りに変化しつつある。 時事更新で、国連発の情報を2015年から発信していたが、Newsの質は2017年頃から大きく後退し続けているのが現状である。
YouTube等の視聴者数なども驚くほど少ない。  こうした機関で、世界の平和を守るなどは不可能である。そこで、私は2013年頃から、国連に代わる「世界連邦」樹立を主張している。  その設計図も、徐々に拙著『日本のフィクサーME』で公開予定でいる。 ▽
国連広報部…からの動画コンテンツの質が余りに低いので、最近は国連の中でもUnicef、UNESCO中心にせざるをえなくなっている。

▼
【YouTubeコメント】

This is how Sam, a remarkable teacher from Ghana, is ensuring no child is left behind on their learning journey.

Find out more about the global learning crisis: https://uni.cf/LearningCrisis #LetMeLearn

Subscribe to UNICEF on YouTube here: https://uni.cf/subscribe

Click here to see all of our latest trending videos: https://uni.cf/trending

For more about UNICEF’s work, visit: https://uni.cf/website Follow UNICEF here: Instagram: http://instagram.com/UNICEF Twitter: https://twitter.com/unicef Facebook: https://www.facebook.com/unicef

UNICEF blog: https://uni.cf/blog

UNICEF works in the world’s toughest places to reach the most disadvantaged children and adolescents – and to protect the rights of every child, everywhere. Across more than 190 countries and territories, we do whatever it takes to help children survive, thrive and fulfill their potential, from early childhood through adolescence.

The world’s largest provider of vaccines, we support child health and nutrition, safe water and sanitation, quality education and skill building, HIV prevention and treatment for mothers and babies, and the protection of children and adolescents from violence and exploitation.

Before, during and after humanitarian emergencies, UNICEF is on the ground, bringing lifesaving help and hope to children and families.

Non-political and impartial, we are never neutral when it comes to defending children’s rights and safeguarding their lives and futures.

And we never give up.

 

■

■

⑥【中国:China】

▼
【🤡(浜田隆政)コメント】

この鉄道ではないかもしれないが、インドネシアの高速鉄道事業請負競争を、2015年頃に中国と日本がしていた。
丁度、その頃、私は2015年8月6日に広島平和公園に行ったが、翌日家に戻られない策動がなされ、JR津山駅で一日過ごしたことを覚えている。(前年の2014年は逆で、8月6日に広島平和公園に行くこと自体を阻止された。三原で電車がstop…であった。)
そのときに、もし、JRが故意にやっていたならば、世界の新幹線購入競争などで、JRがいつか痛い目に遭うかもしれないと言った。
…
その直後くらいから、日本で決まりかけていた、新幹線が紆余曲折の末に中国からの購入となった。詳細は、拙著『日本のフィクサーME・Part 3』第4章のときに少し触れるかもしれない。もっとも、JR職員の一部は、その話を聞いて、苦笑していた。というのも、現場の人はJRの世界との商い競争とは無関係だからである。経営陣か介入した人への苦笑だったのであろう。

▼
【YouTubeコメント】

The Jakarta-Bandung High-Speed Railway is expected to help boost investment and employment for enterprises along its route. Companies at the China-Indonesia Economic and Trade Cooperation Zone in eastern Jakarta share their thoughts.

 

■

■

⑦【欧州:Europe】

Is migration creating ‘fortress’ Europe?

▼
【🤡(浜田隆政)コメント】

日本のメディアでは余り報じられていないが、今、Europe(ヨーロッパ)では、移民問題が大きな話題となっている。
ドイツのDWでも、イタリアのメディアでも大きく報じていた。
今回はBBCではないが、イギリスの別の公共放送からのニュースである。

▼
【YouTubeコメント】

With elections approaching in both Poland and Slovakia migration is back at the top of the agenda in the EU too.

(Subscribe: https://bit.ly/C4_News_Subscribe)

The flow of people across borders within the bloc is once again causing diplomatic confrontations between member states.

This as the European Union attempts to bring in wide ranging reforms of their own immigration system.

 

———————– Follow us: Facebook – https://www.facebook.com/Channel4News/ Twitter – https://twitter.com/Channel4News TikTok – https://www.tiktok.com/@c4news Instagram – https://www.instagram.com/channel4news/

▼
▼
⑧【日本(Japan)】

 

▼
【🤡(浜田隆政)コメント】

民主党時代は、円は約70円まで値上がりし、経済学者達は「これからは50円時代が当たり前の時代が来る」と言っていた。日本企業の海外移転に拍車をかけた。もっとも、尖閣国有化問題や、タイのアユタヤ大洪水問題などで、この拍車は通常の場合よりは緩められた。今、世界に移転した企業のいくつかが国内回帰…を考えるかもしれない。
だが、いずれ、また円高時代が必ず来る。その時は逆か。放浪する日本の資本家となるか。内需主導はあり得ても、内需を圧倒的な形にするには、資源不足の国・日本では難しい。
▼
そこで、私は1984年頃から、円・ドル・マルクを軸とした、準固定相場制を主張していた。1973年からの変動相場制は、かなり以前から、国際経済のフレームワークになるには困難となっていた。一歩間違えば、理論上は、巨大ヘッジファンドにより、国によれば滅ぼされる危険性すらある。

▼
【YouTubeコメント】

318,264 回視聴 2023/09/28
円安が止まりません。27日は、一時、今年最安値を記録しました。1月には、1ドル127円台をつけていましたが、気づけば150円台に迫っています。

外国人観光客が戻ってきた日本。一方、日本からの海外旅行の数は、コロナ前まで戻ってないそうです。
阪急交通社広報部・鈴木毅部長:「円安がなければ、すぐにでも100%、120%の回復があったと思う。円安の影響もあり、現状(コロナ前の)6割くらい。徐々に上がってはきているものの6割程度です」

歴史的物価高に直面するアメリカ。そこに円安というダブルパンチです。
アメリカ・ニューヨークで在住邦人御用達の日本食スーパー『KATAGIRI』。長期滞在に欠かせないこの店の商品を円に換算してみました。卵が8ドル59セント、約1280円。カットされた長芋は約730円、えのきだけが約670円。豆腐は1パック約450円します。
現地在住者:「初めは円に換算していたんですが、最近は円に換算するのをやめました。1ドル=130円くらいになったときもキツイなと思ったんですが、さすがにここまでくるとは思ってなかったです」
現地在住者:「母がおやつやお金を送ってくるけど、円安の影響で送りにくいと」

7月に赴任したばかりのニューヨークの親松支局長。一番驚いたのが、ラーメンだといいます。
ニューヨーク支局・親松聖支局長:「家族4人でラーメンを食べに行った場合、ラーメン4杯、そして餃子3つ、ビール2杯を飲んだ場合、2万円を超えてしまうんです。日本円頑張ってほしい」

次は、ロンドン。赴任して1年半になる佐藤記者の報告です。
ロンドン支局・佐藤裕樹記者:「自宅から支局に炊飯器を持ち込んで、お米をラップに包んで、冷蔵庫に置いておきます。ランチに食べるご飯です。 ロンドンに来てからランチを外に食べに行くことは、ほとんどありません」

佐藤記者が赴任した当時は、1ポンド152円ほど。それから1年半で、180円を超えています。
ロンドン支局・佐藤裕樹記者:「ビール1杯、1年半ほど前は850円で飲めたが、物価高騰と円安が進み、今は、1杯1260円です」

円安の波は、タイにも押し寄せています。タイではいま、史上2番目の円安状態にあります。安く遊べる旅行先として日本人に人気でしたが、バンコクの繁華街でも、マッサージ店でも日本人観光客の姿は、ほとんど見られなくなったそうです。
マッサージ店オーナー:「(日本人は)前は多かったけど、すごく減っています。売り上げが減れば、店の存続も懸念されますし、従業員の収入も減ってしまいます」

終わりの見えない円安。こうしたなか、働き先を海外に求める日本の若者たちが増えています。
オーストラリアへのワーキングホリデーを希望(18):「円安だと、あっちで稼げば稼ぐほど日本のアルバイトより稼げて、貯金もできて、帰ってくればよりお金が増える。こっちでアルバイトするより良いかな。英語も学べるし」

ワーキングホリデーの相談件数は、1年前に比べて1.6倍に増加。実質賃金が下がり続ける日本で正社員になるより、海外でアルバイトをしたほうが収入もいいし、スキルも身に付くと考えるからです。
ワールドアベニュー・松久保健太社長:「(Q.円安の影響でさらに稼げる)正直言って、稼げるかなと思います。日本の給与と比べて、とても高い給料で、物価が高いのもあるんですけれども、円安になって厳しいところあるが、現地に行って稼げるところも踏まえて、ワーキングホリデー挑戦したいという方は増えている印象」

※気になるのが“為替介入”です。

去年9月に、1ドル=145円台に突入した際、政府は、24年ぶりに為替介入を実施し、10月と合わせて合計3回、行っています。このときの効果について、ニッセイ基礎研究所の上席エコノミスト・上野剛志さんは「年末にアメリカの利上げ幅が縮小する見通しが広がり、一時、ドルが下落した。この間、円安の進行を一定程度抑制した」としています。

為替介入はしないのでしょうか。

上野さんによりますと、「為替介入は過度な変動を抑制するために行うもの」ということです。去年は、8月から9月にかけて急激に円安が進んでいます。一方、今年は、去年の同じ時期と比べて変動は緩やかに見えます。そのため、現段階では、介入の可能性は低いといいます。

また、上野さんは「円安のときの介入は“ドルを売って円を買う”介入。そのため、政府が持つ外貨が減る。将来の介入や、海外への支払いを考えると、外貨を持っていることが余裕につながる。介入せずに円安が収まるのなら、それがベスト」としていますが「今後1カ月くらいの間で、1ドル150円を超えてくれば、為替介入の可能性は高まってくる」といいます。

ただ「今後、円安は落ち着く可能性があるのでは」としています。「アメリカのインフレは、今後、おさまっていく傾向にある。そして、金利政策を決めるFRBの11月の会合で利上げは打ち止めになる可能性が高い。そうなれば、日米の金利差が、これ以上広がらなくなるので、為替も『1ドル・145円程度』ではあるが、落ち着くのでは」とみています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

 

▼
▼
⑨【特集(Feature)・ホテル難民時代】

▼
【🤡(浜田隆政)コメント】

このホテルの高さは何?🤔
インフレで、年金生活者は年金は上がらず。特に国民年金のみの私などは、今の日本のホテルの値段を見て、もう手が出ない。
もし、自由の身であれば、フィールドワークをするとしても、これでは海外に行った方が安い。だが、そこは政府は卒がない。極端な円安誘導をやった。
「異次元の金融緩和」とは、為替でみれば、「円安誘導政策」である。一種の為替操作に近い。それを、世界的インフレの中でも、まだしがみつこうとすれば、当然極端な円安となる。
▽
その結果、ガソリン・灯油などは更に上がり異常値を示している。そのため、輸送のコストもあがり、牛乳や卵まで異常な数値の値上がりとなっている。
▽
当然、ホテルも上がろうが、そのお膳立ては昨年の「全国旅行支援」問題があった。海外の人はともかく、国内のビジネスマンなどは悲鳴をあげていないのだろうか。
このままでは、いつか何かが起こる。政治面でなくても、経済面で宿のフレームワーク自体に変化が起こるかもしれない。
▽
物価上昇は当たり前ではない。常識上、公定歩合(金利)引上げをすれば、物価は下がる。景気も悪化するが、その直前で再度公定歩合引き下げ、…そして引上げ…こうして舵はとるのが昔の常識であった。否(いな)、アメリカなどは今もそうしている。

▼
【YouTubeコメント】

大勢の観光客が訪れている札幌。 その光景は、ほぼコロナ前に戻っています。

一方で、札幌市内各地のホテルでは、宿泊料金が高騰する現象も起きています。

2023年08月07日(月) 18時28分 更新

 チャンネル登録お願いします。 https://www.youtube.com/channel/UCCTp

▼

▼
⑩【世界の歌関連(Related to World Song )】

Most Popular Song Each Month in the 60s

▼
【🤡(浜田隆政)コメント】

▼「世界の歌」USA掲載のためのヒントを得るため掲載。次回№18は1963年~を検討している。当初は1963~70年頃であったが、私の目にかなうコンテンツがなく、70年代半ばまで一気にやるかもしれない。だが、それでも何か…。
1964年までは豊富にあったのだが、…徐々に…80年代以降は更に…
▽
なお、Mr. Obamaと私の大きな違いは、音楽観かもしれない。いや、Mr. Obamaだけではなく、今の若い世代の音楽観は分からないときが多い。
音楽はEvolutionなのか、後退なのか、分からない。
千年経てば分かろうが、その頃は、🤡(ME)は天国で🍻や🍷であろう。それに🍦と🍪と。
【YouTubeコメント】

 

Please enjoy the #topsongs nr.1 hits each week of the 1970s #70smusic

the other decates:

80s:    • Nr 1. Hits 1980  – 89 each week 80s  

90s:    • Nr. 1 Hit Each Week of the 1990s  

00s:    • Nr. 1 HITS of 2000s each week.  

10s:    • Nr 1. Hits 2010 – 19 each week 2010s  

20 – 22:    • Nr 1. Hits 2020 – 22 each week  

With artists lik: Bee Gees Elton John Stevie Wonder Paul McCartney and Wings Eagles Diana Ross The Jackson 5 John Denver KC and the Sunshine Band Barbra Streisand Donna Summer Rod Stewart Andy Gibb Roberta Flack Debby Boone Tony Orlando and Dawn Three Dog Night with songs:

“You Light Up My Life” Debby Boone “Night Fever” Bee Gees “Tonight’s the Night (Gonna Be Alright)” Rod Stewart “Shadow Dancing” Andy Gibb “Bridge over Troubled Water” Simon & Garfunkel “Joy to the World” Three Dog Night “The First Time Ever I Saw Your Face” Roberta Flack “Alone Again (Naturally)” Gilbert O’Sullivan “Le Freak” Chic “My Sharona” The Knack “I’ll Be There” The Jackson 5 “One Bad Apple” The Osmonds “It’s Too Late” / “I Feel the Earth Move” Carole King “Maggie May” / “Reason to Believe” Rod Stewart “Killing Me Softly With His Song” Roberta Flack “Silly Love Songs” Wings “Best of My Love” The Emotions “Bad Girls” Donna Summer chapters: 0:00 year 1970 2:15 year 1971 4:11 year 1972 6:26 year 1973 9:16 year 1974 12:53 year 1975 16:31 year 1976 19:15 year 1977 22:09 year 1978 24:09 year 1979 #tophits1970 #70smusichits #tophits70s

▼

20,444,189 回視聴 2021/08/27 #1960s #60s #Songs
Updated thoughts about the videos of this channel are in the pinned comment, posted on September 3, 2023.

Old description:

In this video, you’ll see the most popular songs throughout each month in the 60s. The tunes selected for this video are the ones that reached #1 or at least ranked higher in more countries than other hits in the same month, but it’s not very accurate since many of them were number one for different periods, and I didn’t want to repeat any song.

Mostly based on Wikipedia charts.

🎧 Playlist: https://open.spotify.com/playlist/4l7…

After reading hundreds of comments trying to guess the country, I must say: It’s not about the US or the UK. It’s a mix of many countries and none in particular.

2023年10月4日